2014年9月5日金曜日

犬の9歳


我が家のミニチュア・シュナウザーのエマが今日9歳の誕生日を迎えました。


9年前の11月、自宅にエマを迎えた時には、この子が9歳になる日の事なんて想像もできませんでした。
日々のしつけの事で頭の中が一杯で、それどころではなかったという事もあります。

小型犬の9歳は、人間の年齢に換算すると約50歳。
エマは僕の年齢を超えてしまったということになります。
仕方のない事とは言え、何だか切ないですね。


エマは9歳の割りに見た目は若く、健康面でも特に問題はなくて今のところ大きな病気を煩ったことはありません。
ありがたいことに、至って健康そのものです。

でも、細かいところに目を向けてみると、一日の睡眠時間が長くなったり、散歩中の休憩が多くなったり、気温の変化に弱くなったり、鼻の色が薄くなってきたり…と、明らかにエマの体は老いてきています。

シニアの入り口と言われる7歳を迎えてからは、食べ物にも気を使うようになりましたし、検診も年二回受けるようにしました。
一日でも長く、元気で楽しくエマに過ごしてもらう事ができるように、これからもできる限りの事をしていきたいと思っています。


僕自身ももう決して若いと言われるような年齢ではないので、エマに負けないように健康に気を使っていかないといけないのですが…
あまり余計なことは気にしないで毎日過ごしたほうが元気でいられるんじゃないのかな…なんて思ったりもしています。


たぶんもう折り返し地点は過ぎていると思うけど、できればあと10年、今と同じように毎朝一緒に散歩に行けるといいな…9歳になったエマを見て、そう思い、そう願いました。


ブログランキング・にほんブログ村へ

2 件のコメント:

トトーニョ さんのコメント...

エマさん 9歳のお誕生日だったんですね、おめでとうございます^^


Junichi Takagiさんの切ない気持ち、本当によく分かります。
人間の我が子と、愛犬との決定的な違いは、その死を見とってやらないといけないことがハッキリしていることだと常々思っていて、切なくなります。
人間の場合は、子供が幸せにオトナになってくれるところを見届けて先に自分が逝く…とぼんやり思ってますが、犬は違いますもんね。



実家での先住犬はホントに18歳11ヶ月まで生きました! 私の青春の日々にはいつもこのコがいてくれた。
私も、トトがこの先長くずっと一緒にいられることを願ってやみません。
お互いにハッピーなワンコライフが1日でも長く続きますように…^^
エマちゃん、オメデト!!

Junichi Takagi さんのコメント...

◆トトーニョさん

ありがとうございます!
大きなケガや病気もなく、エマも無事に
9歳の誕生日を迎える事ができました。
順番的には僕よりもエマの方が先にこの世を
去ることになるはずですが、できるだけ
長く、そして生きている間はずっと元気に
飛び跳ねていてほしいと思っています!
トトちゃんもエマも、他のすべての犬たちも
みんな元気で長生きしてもらいたいです(*^^*)

しかし、先住犬はほぼ19歳まで生きたん
ですねー
素晴らしい!!
エマにも見習わせます!