2006年10月6日金曜日

きかぁ?

あと10分でランチタイム、今日は何を食おうかなぁ…なんて暢気に考えていた昼過ぎ、職場でのサッカー仲間のtsuyo氏がふらふら~と俺の席の脇に来てしゃがみ込んだ。
「どしたの?」
「エメがカタールに……………(小声だったため、よく聞き取れなかった)」
「ん?」
「エメが帰化しましたよ、カタールに。」
「えーーーーーっ! マジで?」
「はい、ヤフーのニュース、見てみてください。」
まだ仕事中だったけど、Yahoo! JAPANのトップ画面を開いてみる。
トピックスには、「日本に強敵 エメがカタール帰化 」。
ほんとにあった。

エメがレッズにいた頃、日本への帰化話が何度も話題に上がった。
ただ、ブラジルU-19代表の選出経験ありのエメが帰化したところで、日本代表に入ることはできないだろうというのが大方の見方だった。
そして、昨シーズン途中にエメはレッズからカタールのアル・サードへ移籍→年齢詐称と二重出生記録提出で逮捕…
一度にいろいろなことが起きて、なんだかあっという間に、エメはレッズとは無縁のブラジル人になってしまったような気がした。
関係ないけど、エメル丼も食い損ねた。
でも、エメが何をしようと、レッズのために全力で闘ってくれたエメが好きだ。
いろいろ問題もあったけど、何度も素晴らしいゴールを見せてくれたエメを忘れることは絶対にない。

一番印象に残っているエメのゴールは、2003年最終節アントラーズ戦での試合終了間際の同点ゴール。
この試合に勝っても負けてもレッズにはもう優勝の可能性はなかったけど、もし負けると、またもやアントラーズの優勝を目の前で見ることになってしまう。
絶対に負けられない試合だった。
前半は2失点、あまり状況はよくなかった。でも、後半、レッズの選手の動きは良かった。
「絶対にいける! 負けない! この試合、勝てないかもしれないけど絶対負けない!」と変な確信を持ったその時、永井のゴール。
残り時間は少ないけど、絶対に追いつける! 大丈夫! とにかく信じた。
埼スタを包む空気がものすごく熱く感じた。応援にも熱が入る。
そして、エメの同点ゴール。
スタジアムが爆発したような大歓声。もう訳がわからなくなった。
このときのエメのゴール、涙が出るほど感動しました。
一生忘れることはないと思います。

レッズサポ、ファンにたくさんの喜びを与えてくれたエメルソン、今も好きな選手の一人です。
セレソンになってくれれば…と思っていた俺にしてみたらカタール帰化は複雑だけど、これからも応援したいと思う。
せっかく帰化したのだから、代表入りできるといいね。
仮にそうなって日本代表と対戦することになったとしても、坪井と闘莉王が止めてくれると思うけどね。
(頼むから止めてくれー!!)

最後になりましたが…
宮城出身のtsuyo氏は、ベガルタ仙台を応援しています。ベガルタを応援している方、ぜひ彼のブログにも遊びに行ってあげてください。
また、tsuyo氏はトライアンフ乗りでもあります。バイクに興味のある方、tsuyo氏のサイトにも立ち寄ってみてください。

2 件のコメント:

tsuyo さんのコメント...

コメントありがとうございます。
エメ帰化、また騒動だけで終わってしまうのかな?

我がベガルタも今期は得点ランクトップを走るボルジェスがいます。
レンタルではないので、ながーくベガルタに居て欲しいのですが、さて今期終了後はどうなる事か・・・。

とりあえずは「目指せ今期のJ1昇格!」を気持ちの片隅に残して(笑)チームを応援したいと思います。

それでは天皇杯で埼スタでお会いしましょう(笑)

Taqua さんのコメント...

こんにちは。

今日は天気が良いというのに、家に引き篭もってF1テレビ観戦中です。
最後の鈴鹿、予想外のとんでもない結果となってしまいました…

外国人選手の場合、どこまで期待して良いのかっていうことがありますね。
エメもレッズのために頑張ってくれたけど、天皇杯は帰国しちゃうし、開幕には間に合わないし、移籍の時もかなりあっけなかったし…いろいろと複雑な思いがあります。
エ○○○ドなんていうとんでもない選手もいたっけかな(笑)
来期も、ベガルタのボルジェスが活躍してくれること祈ってます。

>> それでは天皇杯で埼スタでお会いしましょう(笑)

   はいはい、でも、俺的には駒場の方がいいかなぁ…